貯金なんて夢のまた夢

高校を卒業してすぐに働き始めたのですが、精神疾患になり1年ほどで仕事を辞めました。それ以来病気も長引き、仕事は出来ても内職が精一杯の状態です。実家暮らしなのですが、父がガンで闘病中のため、生活するのもやっと。とても貯金をする余裕がありません。両親も高齢なので、300万ぐらい貯金があると安心できるかなと思います。家も段々古くなってきているので、目立つところだけでもリフォームしたいです。たまには旅行に連れて行ったりして、親孝行もしたいです。

我が家に貯金がない理由

我が家に貯金がない理由、それは、収入以上に使ってしまうからです。結婚4年目、夫婦2人+犬1匹の家庭ですが、貯金どころか毎月マイナス収支で、各種支払も毎月少し遅れてしています・・・。ダブルインカムで世帯年収は800万円近いのですが、奨学金の返済、転職に伴う引っ越しや、車のローン、カード払いでの買い物で使っている額を把握できず、それらを支払うためにキャッシングをし・・・。という風にどんどん借入金が膨らんでしまい、現在は給料日に遅れていた支払いを済ませ、当日にはほぼ手元には残らないという生活です・・・。貯金はいりません。毎月滞りなく支払いができ、安心して生活できること。それが夢です。飼っているペットのお話ではエサ代もろくにねん出できなくて苦労しました。

生活費に消えない位の貯金額

夫が給料を管理しているので家のお金は夫の口座に入っているからです。ちょっとしたお金を作っても毎月生活費に使ってしまうので私の貯金はまず貯まりません。貯金が貯まるのなら月々しっかり生活できるくらいは欲しいと思っています。毎月15万円くらいでしばらく生活できるくらいあれば安心だなと思います。貯金の大半は夫に任せて、自分の何か必要な時に使えるお金がちょっとあれば助かります。とりあえず貯めたお金を生活費に消えないくらいは貯金が欲しいです。

無いよりあればあるだけ

いくら欲しいとかと言うのではなく、お金は有ればあるだけ助かると思います。宝くじで何億当選や資産家等と玉の輿に乗るなどどんなかたちでも、お金は無いより有るほうがいいと思います。借金塗れで生活に困るより、お金を余して使えきれないと言う方が良いのではないかと思います。余して困る方のは無くて困るって悲鳴を上げるより、嬉しい悲鳴だと思います。お金が無い人間からすれば、有る人間がそんな事で困ってると聞くと、無くて生活できないよりましだろと思うと思います。

セルライトをどうにかしたかった

子どもの頃から太っていた私は、思春期になって人目を気にするようになってから「この体型ではダメだ」ということを痛感し、必死にダイエットしてきました。しかし、水を飲むだけでも太るんじゃないかというくらい、少しだけの食事でも体型はそのままです。太ももにはセルライトがビッシリと浮き出ていて、それはそれは醜い有様でした。そして大人になりプログラムに沿って運動とダイエットをしていくだけです。しかし!もうお金がありません。自分に投資するという意味ではよかったのですが、本当にお金がなく、どうしようかとおもっています。。

バイト人生

いつもいつも、給料日前になると、出かけます。それも一人で。買い物をして、一人で映画を見たり、おいしいものを食べたりして、給料日前にある休日を楽しみます。そう、これこそが、貯金できない最大の原因です。給料日前まで、ちゃんとお金は残っているのですが、それを貯金に回すことができず、自分のストレス発散のため、次の給料日がくる前に使いきろうとしてしまいます。自分に万が一のことがあっても少しは大丈夫なように、銀行預金に600万ほどためておきたいのですが、なかなか、安月給でもありますし、難しいところです。

少ない給料と高い物価

仕事を辞めて夫の地元に嫁いでみたら、夫の給料が手取りで15万円しかありませんでした。しかも、夫の両親が体調を崩したため、私が夫の代わりに夫の実家に出向いて両親のお世話をすることになり、私は働くことができず夫の給料のみで生活をしなければいけない状態です。家賃は都会と比べれば安いけれど、インターネットや携帯の料金などは都会と変わらず、そのうえプロパンガスのためガス代は都会に住んでいたころの3倍以上になってしまいました。スーパーや薬局も都会と比べて店の数が少なくて競争がないのか、食料品や生活用品が都会より高いため、なかなか貯金ができません。もし貯金ができるなら、こちらで就職するには車が必要なため、教習所代と車代として200万円貯められたらいいなと思います。

最後の敵は公的支出

彼と同棲し、生活費は折半で暮らしています。去年の冬に私が退職し、資格取得の為勉強に専念させてもらっていました。彼の収入と私の失業保険で暮らしていたのですが、資格試験後に就職しようと思った矢先、私の妊娠が発覚。失業保険の受給も終了し、少しでも働きたいのですが、妊婦を雇ってくれる職場はなかなか見つかりません。一番の負担は、住民税、年金、健康保険の支払いです。負担が大きな公的支出に溜め息が出るばかりです。やはり何かあったときのために、常に100万円は貯金しておきたいところですが、今は赤字を出さずに生活することが精一杯の目標です。

貯まったかと思ったら出て行くお金

貯金は最低限しかありません。給料が入るまでの生活費光熱費などのための貯金です。今月は生活費を抑えられた!と喜び翌月その反動で変えなかった生活用品などを買ってしまい赤字に。そして貯金がたまらないのです。節約をしていても不意の出費、例えば医療費などですぐお金が出て行きます。最低でも100万円貯金があったらいいなと思います。もちろんたくさんあればあるだけいいのですが、もし1千万円以上の貯金があれば家購入の資金にしたいし、それ以下ならば今購入をためらっている子ども用品を購入したいです。

クローン病患者の苦難

貯金とは何なのでしょうか・・・。まず、貯金がない理由の第一は定職についていないからです。クローン病と診断され、一番長く続いた会社は約4年。ですが、結局体を壊して辞める事になりました。次の職場で2年弱、そしてその後は1年勤めた会社はないのではないかというくらい転職を繰り返しています。その為、お金など貯まるわけもなく、貯金とは縁遠い生活を送っています。本音を言えば、3桁の貯金が欲しいです。とにかく、毎月の支払いに追われることなく、服や靴など買いたいときに買える、我慢しなくて良い生活を1度でいいからしてみたいです。

もっと貯金がしたい

保育系の専門学校を卒業しましたが、就職に恵まれず、福利厚生が整っていない幼稚園で非常勤講師としてボーナスも出ない任期付きの時給制で働いていました。年金や国民保険料も自分で払う必要があり、全くたまりませんでした。嫌気がさし、違う幼稚園で常勤として働くと人間関係と仕事量が膨大のため、うつ病になり退職を余儀なくされました。今はまだ無職なので、収入がなく貯金がありません。最低でも、300万ほどは貯金があればいざというときに困らないのかなと思うので、自分にあった仕事を見付けてお金を貯めたいです。このままではブラックでも融資可能でお金を借りるということにもなり兼ねません。

お金の事情

仕事を辞めたと同時に引っ越しもしてしまった為、一気にお金がなくなり、2カ月ほど無職でその後就職しましたが給料は安く、毎月赤字の上に、結婚式ラッシュが重なり貯金は0になりました。今もカツカツの生活で貯金は出来ないどころか借金まであります。当面の目標は10万貯金ですが、100万貯めるのが昔からの夢です。